デパートの化粧品売り場の女性店員を口説く方法

最近、外国人が話題になってるよね。

日本語ペラペラの中国人や韓国人の美女。

俺は、そういう穴場だけを狙うんだよ。

たとえば、日本で中国美女を探すアプリ『JPMATCH』とかね。

【関連サイト】
http://jp.match.com/chinese

****


今回届いた話は、デパートの化粧品売り場の女性店員を口説く方法。

執筆者も語っているが、本来なら、落しにくいタイプなのだ。

スキがないタイプが多い。

少なくとも、店に出ているときは、隙のない完ぺきなメイクとファッションが求められる。

だから、一見すると、口説くのは難しい。

でも、化粧品売り場の女性は本来、女性を相手に仕事をしている。

だから、男性客が来ると、すこし、戸惑うのである。

心のどこかで不安が生まれる。

完ぺき主義の中に隙が生まれる。

だから、チャンスもあると言えるかもしれない。

では、届いた記事を紹介する。

—-

デパートの化粧品売り場の女性の口説き方を教えたい。

結論から言うと彼女たちの自尊心を大切にすることが気に入られるためのコツである。

そもそも化粧品売り場の女性スタイリストはオシャレで見栄っ張りな女性が多い。

特に説明しなくても納得できるとは思うが近くで見るとそれがよくわかる。

もちろんメイクはしっかりしているし服装をおしゃれで手などを見ると肌も綺麗だ。

また給料は結構安いにも関わらず時計や靴はいいものである場合が多い。

ある意味で店員がそのメーカーのモデルの様な役割をしているので仕方ない。

つまり見た目上スキが無い女性が多いのだ。

ナンパのマニュアルで靴が汚い女を狙えと書かれていることが多い。

そういう女はスキが多いからだ。では化粧品売り場の女は逆じゃないかと思うだろう。

しかし彼女たちの職場は女性社会だ。そして基本的に仲が悪い場合が多い。

実際に友人に化粧品売り場で働いている友達がいるが、見えないところで実際に足で蹴りあっているそうだ。

筋しい顔をしながら喧嘩をしているのだ。その話を聞いてからついついデパートの化粧品売り場の女性の足元が気になり見てしまう癖がついてしまった。

つまり自分磨きには力を入れているのに出会いが少なく競争心の強い肉食系女子が多いのだ。

さらに職場の人とは仲が悪く孤独感を感じているというナンパするには結構悪くないターゲットなのである。

そんな彼女たちに話しかけるなら客になることが手っ取り早い。母の日、姉のプレゼントなどで構わないがマザコン、シスコン感を出すのはNGだ。

他にも営業先の女性社員へのプレゼントとかでもいい。

商品選びだが基本的に店員のアドバイスを受け入れよう。

彼女たちは自分の意見を聞いてくれたことで承認されたと感じる。

実はこの承認されるということは心理学的に人との距離を縮める上で有効な手段である。

また会話の途中で身に着けているものや本人をほめると良い。

承認された上に褒められると自尊心が満たされ貴方へ対するイメージアップに繋がる。

そして買う商品も少し高めのを選ぶと言い。金で女をつっているようでやらしいかもしれないが、「少し高いのを買う=経済力がある=彼氏候補」という形で落とす上ではこれくらいの努力は必要だ。

その時点でそれなりに脈があると思ったら名刺に連絡先とメッセージを書いて渡すといいだろう。

名刺を渡すぐらいなら周りから見てもギリギリ仕事の業務内だと思われるので本人も受け取りやすい。

後は連絡が来るのを待つだけだ。これで連絡が来ればデートぐらいなら誘える。

たぶん、執筆者は、成功体験をもとに書いているのだと思うが、、、

やっぱり、化粧品コーナーの店員は狙い目とは言えない。

でも、本気で好きになってしまった場合、上述のようにプレゼントのフリして話しかけるのもいいだろう。

ただし、俺は思うのだが、、、友達や同僚へのプレゼントいうのは本気の恋愛対象を口説く場合は適切ではないかも。

妹の誕生日祝いとか、母親へプレゼントと言ったほうが賢いかも。

でも、結局は、会話術が一番重要。

ナンパトークさえ理解していれば、少ないチャンスをものにできる確率が上がる。

コンビニ店員を口説く場合と違って、化粧品売り場の女性が相手の場合、通い詰めることができない。

一気にクロージングする必要があるからだ。

俺の場合、岡田式の実録音声で、ナンパ会話の勉強をした時期があった。

岡田尚也(公式)

http://www.youtav.com/

たぶん、今でも無料音声を配布してると思う。

俺が初めて、この音声を入手したのはもう何年も前だが、、、

俺が入手した時と同じであれば、かなりエロい音声(笑)。

でも、彼の数々のナンパ音声を聞いた結果、今までの自分のトークが完全に間違っていたってことに気が付いた。

真面目な話を深刻なトーンで話すと失敗するんだよね。

30代後半になって、そういう基本的な会話術をやっとしることになった。

岡田さんの場合、かなりチャラいトーンで話してるんだけど、、、美味い具合に、恋愛話や悩みの話に誘導するんだよね。

しかも、女の子も不快にならずにべらべらしゃべりだす。

店員ナンパの場合は、短時間決戦だから、何を話すか前もって準備している必要があると思う。

余談だが、、、

デパートナンパというのは意外に盛ん。

ナンパ師も巡回経路にしている場合が多い。

だから、巡回中に、化粧品売り場のかわいい店員を見けても声はかけない。

普段の巡回経路の人を一度ナンパしてしまうと、気まずくなる、、、

そのデパートをナンパコースに設定しにくくなるからだ。