高円寺駅ナンパスポット※高成功率?駐輪場ナンパの4つのコツ

最近、外国人が話題になってるよね。

日本語ペラペラの中国人や韓国人の美女。

俺は、そういう穴場だけを狙うんだよ。

たとえば、日本で中国美女を探すアプリ『JPMATCH』とかね。

【関連サイト】
http://jp.match.com/chinese

****


警戒心が緩む場所

高円寺に限ったことではないが、駅前は女の子が最も警戒心が高まる場所なんだよね。

昔は、セールスとか宗教の勧誘者が駅前にたくさんいたから、男の俺でさえ、駅前を歩くときは、警戒心を高めていた。

でも、デパートなどの建物に入ると、その警戒心は緩むんだよね。

人の敷地の中で、セールスとか宗教勧誘を使用なんて考える人が少ないから、安全領域に入ったと判断する。

今回取り上げた駐輪場って言うのは、外部空間なのに、警戒心が緩むんだよね。

なぜかというと、女の子は、自転車に乗ってしまえば、もうナンパの心配がないと考える。

駐輪場に入った時点で、女の子はもう安心しちゃうんだよね。

安全領域に入ったって。。。

駅前で立ち止まった無防備な状態

でも、駐輪場って駅前であることには変わりがない。

ナンパ巡回中に、駅前で美女が立ち止まっていたら、声をかけるでしょ。

しかも、警戒心がない状態の女の子。

つまり、超狙い目ってこと。

駐輪場の中で安心しきっている

女の子は、何の根拠もなしに、駐輪場でナンパされるわけがないと安心しきっているんだよね。

男からすれば、人通りが多い場所より、静かな駐輪場の方が、人目を気にせずにナンパできるのにね。

でも、まったく警戒しない状態で、立ち止まって、鍵を取り出して、施錠を解いて、自転車を出そうとする。

その時間帯って、特に警戒心が薄れている。

だから、後から男に声をかけられたら、無視しようってアイデアが浮かばずに、ついつい、応答してしまう。

二人きりだと無視できない

人がたくさんいるストリートであれば、ナンパされたら無視するって人が多い。

ってか、最初から「無視するぞ!」と気合を入れて街中を歩いてるから、かなり高い確率で無視される。

でも、人が少ない場所で、話しかけれると、無視しにくいんだよね。

ストリートならば、早歩きで立ち去ればいいけど、駐輪場の場合、立ち去ることができない。

自転車を取り出そうとしている時に、後に立たれてしまうと、その場から、逃げ出すこともできない。

そんなわけで、会話をせざる得ない。

だから、高円寺駅に限らず、駐輪場は、ナンパスポットになりやすいんだよね。