合コンでデートの口実を作る方法※女子大生に「参考書を貸すよ」と言うだけ!

最近、外国人が話題になってるよね。

日本語ペラペラの中国人や韓国人の美女。

俺は、そういう穴場だけを狙うんだよ。

たとえば、日本で中国美女を探すアプリ『JPMATCH』とかね。

【関連サイト】
http://jp.match.com/chinese

****


女は口実さえあれば簡単にデートする

女は、いきなり、「今度、食事でもどうですか?」と言われると、条件反射的に断ってしまう。

でも、何か口実があると、簡単に2人きりで会ってくれる。

つまり、食事の場合、明らかにデートなので、プレッシャーになってしまうのだ。

それに対して、他に口実がある場合、気楽にイエスの返事ができるのだ。

清楚系の女子大生をデートに誘導する口実とは?

今回届いた体験談では、英語の話をした後で、「参考書を貸す」という口実を作り、見事に、デートの約束をしている。

これは、まずまずのアプローチ。

ただし、アプローチ段階で気になるのは、少し、いい人キャラになり過ぎている点。

もっと、男はやんちゃな雰囲気を出さないと、初デートでセックスできない。

自己アピールすると絶対に失敗する

多くの男は初デートで、自己アピールをしてしまう。

でも、これは一番やってはいけないこと。

女は、自分のことにしか興味がない。

男の話など聞きたくないのだ。

聞かれたことだけ答えればいい。

聞かれても、適当の話題を変えて離さない方がいい。

女は、超絶わがままで気まぐれ。

だから、ちょっと自分の考えに合わないことを男が言うと、気が合わないと判断するのだ。

だから、そうなる前に、セックスをする。

初デートでは、女に過去の恋愛話や愚痴を言わせて、短時間で親密な関係になる。

恋愛話や愚痴はプライベートな話なので、友達の男にもあまり話さない。

それを、男に話したとなれば、もう特別な関係と言う事。

少なくとも、女は、「話しやすい人だな」「相性がいいのかも」と勝手に思い込む。

そしたら、一気にクロージング。

ラブホに向かう。

もし、相手の女を彼女にしたい場合、まずはセックスしてから、対策を練るべき。

自己アピール=自慢話と考える女が異常に多いので、セックス前に、自分の話をするのは止めた方がいい。

「参考書を貸すよ」でデート成功(実例)

私が20歳の大学生で英文科に通っていた時に人生初めてのデートをしました。

大学生になって合コンに何度か参加し、その時に知りあった人で、英語の教師をしている人でした。

合コン中もずっと隣に座っていて、英単語の覚え方や教科書の勉強よりも英語を話せる事が大切だと色々と教えてくれました。

私も英文科だから、実際に英語教師をしているその人の話は、凄く面白かったです。

もっと話が聞きたいと思っていたら、今度は、2人で会って欲しい。俺が使ってあた参考書を貸すよ。と誘ってくれました。

参考書も気になるし、素敵な人だからすぐにokしました。

土曜日の彼の休みにあわせてデートをしました。やはり大学の同級生と違って、社会人の彼は私服も大人ぽくて私は凄く舞い上がっていました。

食事をしながら、参考書を見せてくれたり、英語の勉強の仕方や、就職活動の話をしていました。

それからお互いの家族の話になったのですが。彼のお家は家族全員が誰もが知っている有名大学を卒業しているそうで、私の母は高卒でした。

母の話をすると、自分の友人に高卒の人なんていないし、今までの恋人も恋人の家族も高卒なんていなかった、高卒って…と色々と人を見下すような事ばかりを言ってきました。

家族に高卒がいる人とは、恋人にはなれないなと言われた時には、私の我慢も限界でした。そのまま、あなたには馬鹿にされたくない。と言って帰ってきました。

有名大学を卒業していて、しっかりとした仕事についていて格好もいいのに、凄く残念でした。初めてのデートががっかりな思い出になりました。