サラリーマンが合コン帰りの20代の女子大生をナンパしてセックスする方法

最近、外国人が話題になってるよね。

日本語ペラペラの中国人や韓国人の美女。

俺は、そういう穴場だけを狙うんだよ。

たとえば、日本で中国美女を探すアプリ『JPMATCH』とかね。

【関連サイト】
http://jp.match.com/chinese

****


2番目にナンパ成功率が高い

ナンパの成功率が一番高いのは、失恋女。

自暴自棄になって、誰とでもヤる。

しかも、失恋女とセックスすると、女に感謝される。

失恋でヤケ酒を飲んでる女の弱みに付け込むなんて、非道徳な男だって思われそうだが、実際は、知らない男とセックスすると、自分の悩みの小ささを認識するのだ。

男なんて腐るほどいるのに、一人の男に洗脳状態になっていたことが、馬鹿々々しくなる。

それを知ると、新たな価値観で、恋愛に挑むことができるようになる。

それで、今回のテーマは合コン。

合コンに行く女って、失恋女の次に、セックス成功率が高い。

合コン女=欲求不満

彼氏がいなくなって、しばらくの間は、偶然の出会いがあるに違いないって思ってる。

でも、何時までたっても彼氏ができない。

それも当然、女の多くは、自分から積極的に行動することなんてできないからね。

一生のうち1度でも男に告白したことがある女って、かなり少ないんだよ。1回すらできない。

それなのに、偉そうに恋愛について上から目線で語るんだから笑えるよね。

それで、女ができる唯一のアピールが合コンや街コンや婚活パーティーに参加すること。

参加しても、結局、男からのアプローチを待つだけしかできないので、自分の好みの男をゲットできる可能性は低いんだけどね。

とにかく、合コンに参加すること自体、女たちにとっては、一大決心なんだよ。

女達は自意識過剰だから、男に飢えてるとか、男を必死で探してるって思われたくないんだよね。

だから、「友達に誘われて合コンに参加したら、、、」っていう言い方を必ずする。

自分の意思ではなくあくまで、「友達に誘われて」っていう口実を言いたがるんだよね。

でも、合コンに参加した時点で、欲求不満で、男が欲しくてたまらない女なんだよ。

例外なんてない。

本人が自覚してない場合もあるよ。でも、無意識レベルで男を欲している状態。

サラリーマンのナンパ師は合コンには参加しない

こんなことを言うと、多くのサラリーマンは、合コンを開催しよう。

街コンに参加しようって考えてしまう。

でも、合コンで若くてピチピチの女子大生をゲットできるかっていうと、これが、実は難しい。

なぜかっていうと、欲求不満女は、勝手に、妄想を繰り広げて、合コンに来る男に対する期待値を高めてしまう。

普通、その期待値より、低い男が現れる。

そりゃそうだよね。女の理想像より、リアルな男は、格が落ちる。

そのギャップから、合コンでのマッチング率は落ちてしまうんだよね。

あと、合コンの最大の欠点は、横にいる男が、ライバルになるってこと。

合コンに参加する男のメンバーの中で、自分が一番イケてる必要がある。

街コンでも、他の男より群を抜いていい男である必要があるんだよね。

こんなこと言ってたら、サラリーマンが合コンに参加しても、マッチング率は落ちるでしょ。

合コン中の女がトイレに立ったすきに口説く

合コンに参加している時点で、欲求不満で男が欲しくてたまらない。

そして、即ヤリを想定して、勝負下着をつけてる女達。

でも、合コン相手にガッカリ。

そんな女は、周りから見てもすぐにわかる。

もし、そういう女を居酒屋で見かけたら、声をかければいい。

居酒屋で酒を飲んだら、おしっこがしたくなる。

だから、トイレに必ず立つでしょ。

その時に声をかければいい。

男と出会いたくて仕方がないんだから、成功するでしょ。

そのまま、居酒屋から連れ出すことだって可能。

LINEで連れ出し

普通の居酒屋だと、トイレに立った女を口説く場所が限られていて、すぐに連れ出すことができないことも多い。

だから、LINEのIDをゲットするにとどまる。

でも、退屈してる女は、ラインにすぐに答える。

合コン中に、返信をよこしてくれる。

つまり、合コン中にラインで会話して、他の店に誘導してしまう。

女は、「急用ができた」といって、合コンから抜け出す。

そして、居酒屋の外で合流して、他の店に移動。

これって、十分可能なんだよ。

ゆとり世代の女って、合コン中でも平気でスマホをいじるでしょ。

ビアガーデンの合コンは超狙い目

居酒屋内だと、なかなか声をかけるチャンスがない。

でも、これが、夏のビアガーデンだったりすると、チャンスが広がる。

居酒屋のように、テーブルがぎゅうぎゅう詰めの状態ではない。

スカスカだし、バイキングコーナーとかがあって、人と話しやすい空間が結構ある。

その場合、ラインなんて使わなくても、会話だけで、すぐに外に連れ出すことだって可能。

また、大人数の合コンの場合、女一人抜けても、全然問題ない。

だから、自分たちの席に女の子を数人招待しちゃっても別に問題ない。

男だった、完全に女にフラれた状態だし、そもそも、自分の彼女ってわけではないので、文句は言えない。

合コン帰りが一番の狙い目

欲求不満の合コン女で一番狙い目なのは、合コンから帰る途中の女。

ただでさえ、欲求不満。欲求不満を解消できるかと思いきや、理想の彼がいなかった。

この状態って、不満が爆発するギリギリのライン。

そんな時に、男に声をかけられたら、もう一回、男探しに挑もうって思うわけだよね。

しかも、酔ってるから、積極的になりやすい。

ナンパ師としても、経費削減になる。なぜかっていうと、女は合コンでお腹を満たしている。

だから、合コン失敗女に食事を奢る必要はない。

酒の料金だけなので、少しだけ、経費が浮く。

合コンの愚痴を聞けばいいだけ

合コン女が狙い目な理由は、恋愛トークへの誘導が簡単だからだ。

通常、ナンパ師は、路上でナンパした後、居酒屋に女を連れ込み、少し酔わせて恋愛トークをする。

恋愛トークは、短時間で親密になることが可能だからだ。

また、ナンパされた状態で、恋愛トークをすると、セックス前提のゲームに自分が参加中であると女が自覚しやすいのである。

それで、合コン女の場合、直近で、合コンに失敗している。

ってことは、合コンの愚痴を言いたくて仕方がない状態。

愚痴トークをさせれば、簡単にクロージングできるんだよね。