大学の新入生の処女を口説く方法※「サークル決めた?」でセックス!

最近、外国人が話題になってるよね。

日本語ペラペラの中国人や韓国人の美女。

俺は、そういう穴場だけを狙うんだよ。

たとえば、日本で中国美女を探すアプリ『JPMATCH』とかね。

【関連サイト】
http://jp.match.com/chinese

****


大学の新入生を狙ったナンパ体験談が届いた。

高校で恋愛できなかった女の子は、表には出さないが、処女であることにかなり焦っている。

とくに、おしゃれで、誰よりも早く、色々な流行を取り入れ、さまざまな体験をしてきた女の子は、人より出遅れているということに焦りを感じている。

その気持ちが最も高まっているのが入学シーズンの4月と5月。

処女喪失をチャンスを逃したくないから、積極的になりやすい。

それを過ぎると、男に出会えるチャンスはいくらでもあると思い始めるので、学内の男との恋愛のトラブルを避けるようになる。

つまり、4,5月が狙い目ってこと。

では、届いた体験談を紹介する。

百発百中のナンパというのは存在しません。

しかしやり方によって成功確率を上げるということは可能だと思います。

今はもう社会人ですが、学生時代ナンパは4月から5月頃の大学のキャンパスでしていました。

対象は新入生です。なぜ春先のキャンパスで新入生なのかというと、単純に長い受験勉強を終えて新生活を始めた女の子は開放的でナンパの成功確率が高いからです。

具体的な方法は、ちょっと背伸びをしたがっている新入生の女の子を見つけて「サークル決めた?」などと声をかけ、そのまま話を盛り上げて連絡先を交換し、親しくなって行くという方法です。一対一の時もあれば友人と組んで二対二という時もありました。

友達止まりになる時もあれば、そのまま一人暮らしの部屋に誘って最後まで行くということもありました。ただ友達止まりでも、その後合コンの窓口になってくれたりしてそれなりに異性関係を広げるきっかけになってくれることはありました。

あくまでもキャンパス内なので、当然のことながらあまり強引なことはせずに、会ってすぐお持ち帰りなどということも念頭に置かず、ゆっくりと時間をかけてとうやり方に徹していました。キャンパスナンパはお互い同じ大学の同類という意識があるので、無茶苦茶警戒されるということがない分、大きいとは言っても閉じられた世界なので

あまり目立ちすぎないようにということには気をつけました。

それと兎に角自分の方が上級生なので、学校生活のことなど自分のペースに巻き込む事によって、相手の気持ちを引きつけるようにしました。

ただこれも5月の連休明けぐらいがピークで6月に入るとあまり出来なくなってしまうのが欠点です。

ある程度の規模の大学ならどこでも通用する手法だと思います。

この体験談の賢いところは、サークルをネタに話しかけているっていう点。

いきなり、ご飯を食べに行こうと誘っても、女性の中には、本能的に拒否反応を起こしてしまう人がいる。

路上ナンパでは、警戒心から拒否する場合が多いが、、、

キャンパスナンパの場合、警戒心というより、不安からだろう。

だから、女性は、会話の話題を男性の方から提供されたいのである。

その点、サークルという話題を提供されると、女性の不安が解消される。サークルについて話せばいいんだと考えるからだ。

男性と話すことに慣れていない処女の女の子でも、誘いに乗りやすくなる。

キャンパスナンパに限ったことではないが、ナンパの声掛けの基本は、話題の提供が重要になる。

あなたは、ナンパ師がどんなトークをし展開しているか知らないかもしれない、、、

俺の場合、岡田さんというナンパ講師の実録音声で勉強したおかげで、ナンパ師たちがどんなトークで女の子を誘うのかを知ることができた。

岡田尚也(公式)

http://www.youtav.com/

たとえば、就活中の女子大生が歩いているとする。

リクルートスーツを着ているから、話題は、単純に就職活動と設定できるのだ。

就活の話をすればいいのだと女子学生が思えば、話下手の女の子でも、ホイホイとツイてきてしまうのである。

ただし、いきなり、神妙な面持ちで、「就活って大変ですよね」なんて言っても、当然、意味不明。

ここが、岡田式の凄いところなんだけど、超軽いテンションで、意味不明のことを言い出すんだよね。

たとえば、就活の場合、就活生は黒いスーツを着てるでしょ。

だから、「葬式っすか?」と話しかける。

そんなんで、落ちる女の子はいないだろうと思うでしょ。

でも、女の子の頭を混乱させる事が重要なんだよ。

普通に話しかけると、ナンパ師はガン無視される。

ガン無視モードになってる女の子を立ち止まらせて「えっ?」と発言させるには頭を混乱させる必要があるんだよね。

よくある声掛けで、「おねーさん、これ落としましたよ」って言って、何かを手渡す手法がある。

たとえば、男が手に持っているものが仏壇に飾る仏像だったら、その意外性に頭が混乱して、絶対立ち止まるでしょ。

ガン無視する計画を忘れてしまうだよね。

でも、仏像だと、話題の提供ができない。

もしこれが、マヨネーズだったらどうだろう。

食べ物に強引に結びつけることができる。

それで、食べ歩きが趣味だってことをアピールできれば、話題がわかるから、カフェでちょっとぐらいならお茶してもいいかなと思うわけだよね。

とにかく、ナンパでは、トーク術が重要だってことだよ。