アパレル店員の口説き方※女性店員ナンパには月に3-5万円が必要!

最近、外国人が話題になってるよね。

日本語ペラペラの中国人や韓国人の美女。

俺は、そういう穴場だけを狙うんだよ。

たとえば、日本で中国美女を探すアプリ『JPMATCH』とかね。

【関連サイト】
http://jp.match.com/chinese

****


今回は、アパレル店員のナンパがテーマ。

後で紹介する、投稿記事は、ナンパというより、本気の口説きモードなのだが、一点だけ共感できる部分があった。

口説きのために、金を使うってこと。

正確に言うと、信用を得るためには金が必要ってこと。

簡単に言えば、アパレル店で月に3万円以上購入してくれる人であれば、それなりにお金を持っている人なのだと、なぜか女性は安心する。

出会い系サイトで、年収が未登録の人より、年収1000万円の人を女性が選ぶのと同じことである。

ファッションのために、毎月、同じ店で、3,5万円の買い物をするって、ある程度収入のある人だよね。

その店以外にも、ファッションのために、金をかけているだろうし。

だから、勝手に、まともな客だと、安心するんだよね女ってのは、、、

たとえば、出会い系サイトでも、本人確認不要の無料アプリで会った男なんて信用できないでしょ。

でも、これが、月額2万円のお見合いサイトだとしたら、それだけの金を払っているって時点で、最低限度の収入があるとわかるし、本気度もわかる。

無料にこだわる男とデートしても、おいしい物を食べさせてもらえるなんて期待できないしね。

でも、月5万円の服を買ってる男なら、レストランで1万円分の食事を期待できる。

この差なんだよね。

ちなみに、俺の場合、40才を過ぎたオッサンだから、時間の節約ができるなら、喜んで金を払う。

だから、迷わずに、ナンパの情報商材を買ったりして、成功者のテクニックを短期間で教わろうって考えるんだよね。

40歳過ぎてから、ナンパ師たちと同じように、路上で不特定多数の女に声をかけて、ナンパ手法を経験から学ぶなんてできないでしょ。

さて、前置きが長くなったが、今回届いた投稿を紹介しよう。

以前アパレルの店員と付き合ったことがある。

アパレル店員にはかわいくておしゃれな女の子が多い。

また好きな服の店の店員なので自然と趣味やセンスに共通点が生まれ仲良くなれる可能性も高くなる。

しかし気を付けないといけないことがある。ずばりそれはかなり投資しないといけないということである。

そもそも女の子と仲良くなるためには顔と名前を覚えてもらう必要がある。

そのためには出来れば週に1回ほどは会うべきである。

普段着の店なら一回の買い物で1前後使い月に3~5万ほど店に落としていけばそう悪い顔はされないだろう。

アパレル店員には基本的にノルマや歩合があるので気に入ってもらうためには都合のいい客になる必要はある。

口下手でも構わない。向こうは接客のプロなので向こうから会話を振ってくれる。

正直下手なキャバクラに行くよりもお気に入りのブランドのアパレル店員と話している方が楽しい。

1カ月もすると顔と名前は覚えてくれるようになる。

そして2カ月目からが勝負するべきである。

このじてんで貴方は少なくとも「まあまあ金を落としてくれるし話も合ういい客」ぐらいには思われており警戒心も持たれていないだろう。

一方で向こうからすれば単に服のブランドが好きなのか店員が好きなのかは判断できない。

だからこそこっちからリードするべきだ。

特に女性店員の場合男性から誘うのが当たり前である。

しかしいきなりデートは少しハードルが高い。1カ月目は向こうから話を振ってくれる。

貴方は単純に自分のことを話しておけば向こうも営業相槌、スマイルで対応してくれる。

2カ月目からはこちらから女の子について聞く必要がある。さりげなく誕生日、趣味、好きな色など聞けばいい。

特に誕生日と趣味は大切だ。誕生日を聞けば誕生日の日に軽いプレゼントを持って行ってラインを聞くことぐらい出来る。

聞くのが恥ずかしいならプレゼントのメッセージカードに自分のラインIDや番号等を入れておくと感謝のメッセージが来るのでそこから関係を発展させればよい。趣味を聞けば誘うことが出来る。しかし誘う時には注意しないといけない。いきなり1対1はきつい。

例えばボルダリングの話などすると言い。ボルダリングは行ってみたいが行く機会が無いという人が結構多いスポーツである。

そこで「今度会社の同期と行くんだけど来る?」などと聞いてみると言い出来れば5名程の同世代で女子も2名程混ぜると向こうも友達感覚で来やすい。

勿論その友達には自分がそのアパレル店員を狙っていることを伝えておくべきである。友人がそのことを知らずに狙っている子に手を出す可能性もあるし、自分が狙っていることを言っておけばたいていの友達なら協力してくれたり花を持たせてくれる。

こんな感じで距離を縮めて行けばアパレル店員を彼女にすることが出来る。

紳士的なナンパテクだと思う。

ただ、初心者には難しいかな。

女の人と話すのが苦手な場合、少しでも多くの会話を店員とするように心がけるってこと。

ナンパ師たちの会話って、実は、薄っぺらなんだよね。

薄いのに、なぜか、美味い具合に恋愛トークに持ち込んだりする。

たとえば、ナンパ業界で有名な岡田さんのトーク術は、天才的だよね。

聞いたことがなければ、公式サイトで、無料音声を入手するといいと思う。

岡田尚也(公式)

http://www.youtav.com/

まぁ、俺の場合は、無料だけで満足するわけではないので、色々な音声を買うんだけどね。

この人、会員向け?に、かなり多くの実録音声を収録してるんだよ。

一度、ハマると、次の音声が欲しくなってしまう。。。

美味いビジネスだなと思いながら、ついつい、勝っちゃうんだけどね。

まぁ、恋愛のために、金を惜しみなく使うためのトレーニングにもなるかなとか思いながら、ケチらないようにしている。