スーパーのレジでナンパする方法※買い物かごに電話番号を入れる戦略がヤバい!

最近、外国人が話題になってるよね。

日本語ペラペラの中国人や韓国人の美女。

俺は、そういう穴場だけを狙うんだよ。

たとえば、日本で中国美女を探すアプリ『JPMATCH』とかね。

【関連サイト】
http://jp.match.com/chinese

****


今回は、スーパーナンパの話。

スーパーのレジは、いつも人が並んでいる。

たいていの場合、レジ打ちの係と、棚の整理の係は別の人が行う。

そのため、レジ打ちのバイトを口説くのは実に難しい。

後ろに客が並んでいる状態で、店員と話すのは至難の技だからだ。

バーコードを読み込んだり、商品の値段を打ち込んでるときに、話しかけたら、計算やおつりを間違えかねないからね。

そもそも、近くの他の店員がいる状態だから、客と仲良く話すわけにはいかない。

後ろで待っている客も怒り狂う。

そこで、ある男が考えて方法は、買い物かごに電話番号が書かれた紙を入れるという手法だった。

結論から言えば大失敗。

まず、メモを受け取った女性の体験談を紹介し、その後で、店員ナンパの方法について書くことにする。

田舎の小さなスーパーの話です。常連のお客さんが多いスーパーでした。

アルバイトを始めたばかりの頃は、常連さんなんて分からなかったのですが、日にちが経つにつれて顔見知りになり、お客さんも私の顔と名前を覚えてくれるようになりました。

ある日1人の常連さんの男性が、いつも頑張ってるねと話しかけてくれました。

話しかけられることはよくあるので営業スマイルでお礼を言いました。

レジでの対応なのでその時は何も思わず次のお客さんに対応しました。

しかし次に来店した時に必ず私の列に並んでくれて少しずつ言葉を交わすようになりました。

私も仲の良いお客さんとして彼と話すようになっていました。

すると彼から電話番号が書かれた紙を渡されたのです。

それも買い物かごの中に分かるように置いてありました。

最初は彼が間違って入れてしまったんだと思いましたがメッセージが書いてあったので驚きました。

もちろん、連絡はしてません。

まぁ、予想通りの結末だと思う。

そもそも、電話番号を渡すというのは、最悪の選択し。

店員が、あなたに少し好意を持っていたとしても、電話はかけてこない。

女性に考える隙を与えたら、ネガティブな選択肢を選ぶのだ。

どうしても、メモを渡すしか方法がないという場合は、LINEの方がいい。

女の子は、文字を書かないで、スタンプを送るだけでもOKだからだ。

これなら、ハードルが少し下がる。

ただし、基本的に、全く話したことがない相手に、連絡するなんてことはまずありえない。

たまに、成功することもあるが、、、それは、イケメンのナンパ師が、片っ端からかわいい子にLINE IDを配りまくった場合だ。

その場合、出会い系サイトよりは、成功率が高くなるだろう。

でも、予め、特定の店員を口説きたい場合は、メモを渡すという手法は、使うべきではない。

レジ打ちの店員だって、たまに、かごの片づけをしたり、宅急便などの受付をしたりすることがある。

そのチャンスを見逃さないで、話しかけて、顔を覚えてもらう。

ただし、そのチャンスを探すために、店に長くいたりしたら、ストーカー扱いされるだけなので注意してほしい。

会話ができる関係になったら、余計な行動はしない。

下手に動くと、「口説かれるかも」と警戒される。ストーカー扱いされることになる。

そうなる前に、待ち伏せして、声をかける。

待ち伏せと言っても、店の近くで声をかけてはいけない。

待ち伏せしたとバレたら、完全にストーカーと判断されるからね。

偶然を装って、近づいて話しかける。

トークの内容はナンパ会話でいい。

わざと、ナンパ師ふりして近づいて、彼女のことに気が付かないフリして、声をかけるのもあり。

つまり、「えっ、もしかして、スーパーの人?」と、ナンパがバレて気まずいフリでもすればいい。

女性からすれば、待ち伏せして告白されるより、このような軽いノリの方が、気が楽なのだ。

あとは、ナンパトークでカフェに行って、クロージングすればいい。

ただ、このナンパ会話を知らない人が多いんだよね。

とくに、スーパーの店員にホレちゃうような男性は、女性を口説く=自己アピール&告白と勘違いしている。

まぁ、俺も、数年前までその考え方があったから、振られまくってたんだけどね。

でも、俺の場合、岡田というナンパ師のサイトで、ナンパの実録音声を入手したおかげで、ナンパ師たちが使っている会話術を知ることができた。

岡田尚也(公式)

http://www.youtav.com/

ここで、ナンパ会話を全て論じるのは大変だから、簡潔に言うが、、、

まず、自己紹介なんて必要ない。

たぶん、カフェに行くと、女の子の方から仕事を聞かれたりするかもしれないが、、、

「何している方なんですか?」と聞かれたら、「ナンパ!」とでも答えればいい。

嘘をついて「フリーター」と言ってもいい。

自己アピールなんて、必要ないんだよ。

下手に仕事の話をすると、会話の話題がズレてしまう。

女の子に話させなくてはいけないのに、あなたがベラベラとしゃべりまくることになってしまうからだ。

だから、なるべく、自己アピールは避ける。

そして、うまく、恋愛の話に誘導する。

ナンパされて一緒にカフェに来ている女性の心理状態で、、、、恋愛話で盛り上がることが出来たら、ホテルに言ってよいというシグナル。それがナンパ師の考え方なのだ。

恋愛と言っても、彼女の恋愛話で会って、あなたの話ではない。

あなたのアピールは不要なのだ。

あと、敬語で話したら絶対にダメ、最初は敬語でも、タメ語に切り替える。

それだけで、セックス成功率が変わる。

だから、ナンパ師はチャラい話し方で、タメ口なんだよね。

チャラい話し方なら、高圧的にならずに、タメ語が受け入れられるからね。

だいぶ、話を省略して、ナンパ会話を書いたけど、、、とにかく、告白モードで行くと、店員は警戒するだけなので、、、、

スーパーの店員を口説きたければ、ナンパ師に成りきって口説くのがいい。

トークの内容は、あらかじめ、用意しておけばいいので、それほど難しいことではないと思う。