パチンコ屋の女性店員をナンパしてセックスする方法※暇な仕事のスキを狙う手口

最近、外国人が話題になってるよね。

日本語ペラペラの中国人や韓国人の美女。

俺は、そういう穴場だけを狙うんだよ。

たとえば、日本で中国美女を探すアプリ『JPMATCH』とかね。

【関連サイト】
http://jp.match.com/chinese

****


実は、パチンコ屋って、ナンパ天国なんだよね。

それに気が付いていない男が多いから、女好きにとってはたまらない。

ただし、パチンコをするのにお金がかかってしまうので、ナンパ師が、ナンパだけのためにパチンコ屋に行くことは少ない。

要するに、ライバルが少ない状況で、ナンパができるってこと。

パチンコ・ナンパについて詳しく論じる前に、まずは、パチンコ屋の女性店員の口説き方についての投稿が届いているので紹介する。

パチンコ屋の女性店員を口説くテクニックなのだが、女性店員はカウンター業務をすることが多くいつも暇そうに突っ立っているだけなので、そういう暇そうな時に話しかけてあげると喜ぶのである。

もちろん、始めは店やパチンコ、パチスロの機種に関係あることだけに話題を絞るべきなのだが、彼女が慣れてきたらプライベートな話題に少しづつ広げてゆくのである。
もちろん、来店して目が合ったら笑顔で軽く会釈すると女性にも好印象だ。

気をつけなければいけないのは女性店員が暇そうな時を狙って話しかけてあげるということで忙しそうな時は空気を読んで彼女の邪魔をしないというのも大切なのである。
とにかくカウンター業務の女の子というのは暇そうな時間を長時間すごしていることが多いのでそういう時に色々とタバコや飲み物、食べ物を頼んであげて仕事を作ってあげると彼女の中でのあなたに対するポイントが上がるのである。

アルバイトというのは退屈な時間との戦いであり、暇というのが一番時間が長く感じるので彼女のその負担をできるだけ軽減してあげる存在となると彼女の中であなたという存在が大きなものとなり、一番重要なのが彼女が退屈している状況を見分ける能力であり、そういう時に相手をしてあげると彼女の心もぐっとあなたに近づいて来るし、ホール回りの時でもウザくない程度に彼女が近くを通りかかったら店やパチンコに関することを質問してあげるとたいてい暇をしているので大変喜ばれ、彼女のあなたに対する親密度が増すのである。

仲良くなったら後は誘うだけであり、偶然を装って2人きりになるチャンスを作ったり(エレベーターの中など)、または偶然2人きりになったチャンスを利用して、食事や飲みに誘い、彼女からOKをもらえたのなら後はあなたの腕次第なのである。

2人で会うところまで持っていくことが重要でそこに至るまでに足しげく店に通いゆっくり時間を掛けて彼女との距離を徐々に詰めて行くことがキモなのである。

なかなか、面白い体験談だったと思う。

ちなみに、パチンコ屋のナンパ対象は、店員だけではない。

客も狙い目なのだ。

単純に、暇な女が集まる所でしょ。

ナンパの基本は、暇で、お金がなくて、しかも、遊びたい女を狙うってこと。

パチンコ屋でお金をすった女って、この条件にピッタリでしょ。

つまり、ナンパ成功率が高まる。

パチンコ屋から、がっかりした顔で出てくる女を狙うって方法もあるよね。

ただし、遊びを求めている女の人を口説くには、トーク術が重要になる。

そのトーク術を知らない男が多いんだよね。

たとえば、パチンコ屋から出てきた女の人に、

「あっ、パチンコの玉が、背中についてますよ」と話しかけてみる。

女性は、一瞬、ドキッとするのである。

普通だったら、ナンパ師の声掛けなんてガン無視かもしれないが、

パチンコという言葉に本当的に反応してしまう。

そして、「えっ」と声を出して立ち止まってしまう。

普通に考えると、背中にパチンコの玉がついてるなんてありえないんだけどね。

ナンパで重要なのは、立ち止まらせること、目を合わすこと、言葉を発言させること。

この3つを、意味不明な声掛けによって実現してしまうのだ。

たぶん、あなたは、バカなことを言っていると思っているだろうが、ナンパの実録音声のほとんどは、意味不明な発言で、女性の頭を混乱させて、立ち止まらせることからはじまる。

ナンパ講師として、日本で一番有名なのは岡田さんだと思うが、彼の音声なんかも、かなり、ぶっ飛んでるよね。

でも、そこから始まって、軽いテンポで、深い話に誘導していくのが、うまいんだよね、彼は。

俺は、彼の音声教材を買っているが、金がない人も、無料音声だけは聞いたほうがいいと思う。

岡田尚也(公式)

http://www.youtav.com/

もう少し、事例を出せば、たとえば、黒い服を着ている女の人がいるとするよね。

たとえば、リクルートスーツで就活生の大学生。

その女子大生に向かって、「葬式っすか?」と話しかけてみたり、

何も、テーマが浮かばなかった場合、「あっ、何か落としましたよ!」と声をかけて、振り向いた女性に、ケチャップを差し出す。

女の子の頭を混乱させることと、明るいノリの話しやすい男だとわからせるのが目的なので、声掛けの内容はなんでもいいのだ。

要するに、女を口説きたければ、トーク術を学べってことなんだよね。

それなのに、多くの30代や40代は、今まで、恋愛は経験から学ぶものとか考えてきたものだから、一度も、ナンパ術を学んだことがない。

だから、何時までたっても、恋愛=告白って発想しか浮かばない。

店員ナンパでは、告白はほぼ100%失敗するのにね。

冷静になればわかるはずなのだが、店員に恋する男はまじめな奴らが多いから、盲目になっちゃうんだよね。